私の好きなロックスター

中学生の頃から好きだったRCサクセションの清志郎さんは
喉頭ガンから完全復活したはずだった。

この間 「徹子の部屋」に出演してた時は
声に力がなくて、、、まるで病人みたいでおかしいなって思ったけど
転移してたなんて、私も大ショック。

パート先の耳鼻科の院長に聞いてみた

私 「喉頭ガンが腰の骨に転移したら治りますか?」

院長 「それはね、治らないよ。喉頭ガンは転移しにくいガンなんだよ」

院長は古い情報しか持ってないのかもしれない。
最新の医学では治るんじゃないかなって思った。

今日はバリバリ現役の若先生の診療日だったので
同じことを聞いてみた。

先生 「僕も彼については自転車で注目してたんだよ。彼の書いた本も読んだよ。
     僕もロードレーサーに乗ってるんだ。」

先生 「えっ?喉を取らなかったの?放射線治療と抗がん剤だけ?
     それはおかしい。
     それに、放射線治療の後は声もガラガラした感じになって、
     以前の声には戻らないはずだけど。
     放射線治療はやってないかもしれない。

     骨に転移してたら、肺にも転移の可能性が高い。」

私 「治療したら、治りますか」

先生 「がんばって欲しいねぇ。」 

「清志郎さんは私のこと知らないけど、私は彼の歌も声も大好きなので大ショックです。」 と言ったら

診療助手のおばちゃん達が。「千羽鶴とかお手紙とか送ったら」だって。
軽~く脱力してこのお話は終わりになりました。

帰りに先生は私に何か話したいようだったけど、
先生に電話がかかってきてしまって、、、、終わってしまった。

今すぐ新しい抗がん剤ができて、
治らなくても、ガンがあっても、普通に生活できるようになったらいいのに。

それから、若先生のカルテには、
その人が吸うたばこの本数が書いてある。

一日あたり20本以上吸う人には
必ず「本数を少なくするか、止めた方がいいよ」と話してる。

たばこで声帯がやられてる人のカルテには
30本以上の本数が書かれている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マー
2008年08月01日 23:56
清志郎さんはちょっとかすれたような良いお声でしたよね
あのメークはちょっとどうかと思うけれど
何事にも常識というものを破り素敵な歌手だと思います
がんの再発は残念ですよね

人間これだけがんにかかって死ぬのに自分だけはかからないように思っていますこれっておかしいですよね
がんになると抗がん剤の治療はとても大変なようですね
それに末期の患者の痛みはものすごく激しく痛むそうでそれも嫌ですね
清志郎さん頑張ってほしいですね!

年寄りの先生それで患者をまだ診ているのですか?
それでも患者さん来るのですか?

オクサン
2008年08月02日 16:53
マーさん、こんにちは。清志郎さんに応援ありがとっ!

本当よねぇ~、、
寿命が延びて、4人に一人がガンになるのに、、、、
将来的には3人に一人でしょう?
メタボ対策もよいけれど、ガン対策にも政府は予算をたくさんとって欲しいと思ってしまいます。

抗がん剤は吐くのは当然、苦しむのは当然と思われているようですが、
最近では抗がん剤の種類がとても多くなり、
その人に合った薬を処方してくれる抗がん剤に詳しい医師も少数ですがいるようです。

>年寄りの先生それで患者をまだ診ているのですか?
それでも患者さん来るのですか?

あはは~、年寄りの先生の日は、はっきり言ってヒマです(笑)
でも、昔のお嬢さん達が診察にきてますよ。
耳鼻科は処置が多いので、耳管マッサージや吸入をしにくる人が多いです。
一割負担だから、みんな100円玉を握りしめてやってきま~す。
常連さんは200円あれば、おつりが出るんですよ~。

この記事へのトラックバック